18歳未満の方には相応しくない表現が含まれております。18歳未満の方はこちらから退出してください。

都市伝説

国内サイトが実はキケン?!

  1. チャットレディとして登録する際に、国内ライブチャットサイトが
    安全・安心という話があるが何をもって安心なのでしょうか。

    チャットレディの仕事はネットを介して接客する仕事だが、一番
    重要なのは女性スタッフはいるか、報酬をきちんと払ってもらえるかの
    二つだと言われています。

    国内にはライブチャット協会なるものがあるが、実際に国内サイトに
    登録しているチャットレディがわいせつ罪で逮捕されたなんていう
    ニュースがありましたが、ライブチャット協会はそのような
    チャットレディを守ってくれることはないといいます。
    つまり、自分の身は自分で守るということになります。であれば、
    報酬の高い海外サイトで稼ぐほうがいいかもしれません。

    国内サイトは外国通貨での報酬ではないため面倒な計算がないので
    わかりやすいという一面もありますが、海外サイトは日本人の
    女性スタッフが丁寧に教えてくれるので、チャットの仕事から報酬を
    受け取るまでをサポートしてくれると根強い人気があります。

チャットレディに関する都市伝説 1

  1. あるチャットレディAさんが男性ユーザーとチャットしてた時に、
    男性が双方向チャットを要求してきたそうです。

    たいてい男性が自分を映す部分といったら、下半身が多いそうですが、
    画面に現れたのはなんとAさんの家の前。Aさんの自宅マンションの
    前のとおりに車をとめてカメラを映していたんですが、その男性は
    以前からチャットしていたAさんであること確信し、Aさんを
    驚かすつもりで映像を見せたところびっくり恐怖におびえたAさんは
    迷わずに、110番通報。

    その後の調べで、男性はAさんとチャットをしているうちに
    住んでいるマンションを少しずつ特定をしていったとのこと。
    それだけの能力があるのなら、探偵になれるでしょうね、きっと。

    チャットでの個人情報の扱いや、住んでいる場所を特定されるような
    会話は気をつけましょう。

チャットレディに関する都市伝説 2

  1. いつもチャットでチャットレディBさんの相談役に徹してあげるような
    余裕のある男性ユーザーが体験したひどい話。

    いつものように彼氏との別れ話の相談でBさんをなだめていたときのこと。
    突如、Bさんの彼と思われる男性がチャットに乱入してきて、
    Bさんとの言い合いが勃発。

    その男性ユーザーは浮気相手としてパソコンの画面越しに巻き込まれる
    ことに。すると、Bさんの彼はその男性ユーザーに双方向して
    顔をみせろと要求してきたので、渋々双方向チャットを開始。

    BさんとBさんの彼、そして男性ユーザーが3人で2時間くらい、
    チャットレディであるBさんを巡って言い争い。挙げ句の果てに
    Bさんの彼は、いきなりチャットを切ったそうです。

    心配になった男性ユーザーさんはサイトのスタッフに相談したが、
    当のBさんは事実を隠したかったのか、知らぬ存ぜぬでその出来事を
    否定したという。むしろ彼なんていないと言い切ったのです。

    実はこの茶番、男性ユーザーが裕福で良い人だが生理的にあわないが
    チャットは続けたいという身勝手な理由でBさんが彼役をしてくれる
    友人の男性に頼み込んでの芝居だったようです。

    もっとうまい対応方法があったはずですが、この話ですごいのが
    その男性ユーザー。まだBさんの良きチャット相手になってるとか。
    実はこの話、自分にあわないお客がいても拒絶するのが
    できないっていう大変さがあるのかもしれないませんね。

  • チャットレディ養成所
    YAHOO!JAPAN
    登録されています。
© 2014 チャットレディ養成所 ALL RIGHTS RESERVED.